FXで確実な「勝ち」を手に入れる方法

hhureiure FXは通貨を銘柄にした金融商品で、近年はテレビのCMや街頭の広告などでも大々的な宣伝展開をしており、その名前を聞いたことがある人は多いと思います。

具体的には、2つの通貨を互いに売買しながら、外国為替市場の為替相場の変動を利用して利益を挙げていくことを目的としていきます。

しかしながら、世界中の国々の経済や政治状況、市場に介入する各国の投資家たちなどの思惑によって、秒単位で変動を繰りかえす為替相場を相手に、常に利益を上げ続けることは難しく、FXを始めたものの損失が大きくなってしまい、止めてしまう人たちもいることも事実です。

こうした中で、FXで資産を増やしたり、それだけで生計を立てているような投資家は、どのような方法でFXを行っているのでしょうか。

多くの成功した投資家が行っていることが、「損切り」と言われる行為です。これは、損失のリスクをしっかりと理解して、自ら損失を取り込んでいく為に、通貨に損失がある状態で決済をしていくことを指します。

通常であれば、損失はそのまま資金のマイナスにつながるので、少なくても利益を出すか、すくなくともプラスマイナスゼロで取り引きを終えたい、絶対に損失を被るようなことにはなりたくない、というのが心理的な動きになります。


しかし、投資取引の「勝ち」とは、こうした一回ごとの取り引きの勝敗ではなく、数週間、数か月間という長いスパンで取り引きを繰り返した結果として、手持ちの資金が増えているのか、減っているのかで勝敗が決まります。

極端に言ってしまえば、一回ごとの取り引きでは必ず勝つという事を考えてはいないのです。
先の通りに、読み切ることがほとんど不可能な為替相場、レート変動を相手に取引を行っているため、100%すべてに勝つことはできません。また、勝率を上げる事も、もちろん努力はしますが、基本的には思うようにならないことがほとんどです。

そこで、投資家たちは最終的に資産が増えていることを目標にして、その利益率を上げていくのです。
利益率を上げるためには、利益を取り込めるときには大きく取り込み、損失に転じた場合は極力小さく抑え、そして、取引回数を増やしていく、という事を行っていく必要になります。

このために、成功する投資家は「勝ち」を得るために、先ほどの損切りを有効的に使い、自ら考えて、計画的に損失を取り込んでいくことをしています。

これにより、資金を長く使えることができるようになり、取り引きを行える回数が増え、利益を掴むチャンスが広がり、小さく積み重ねた損失を大きな利益で補うことができるようになっていくのです。