小額から始められるFX

FXは外国為替証拠金取引という名称の取引で、資産運用の一つの手段として世界的にも人気を集めています。FXの特徴は、誰でも参加しやすいように少額資金で取引が出来るようになっていることです。

例えば、株や土地を資産運用の手段として利用する場合には、それ相応の資金が必要になります。株で利益を出すためには最低でも100万円以上のお金がないと難しいですし、土地を買うためには数千万円というお金が必要になることもあります。

しかし、FXの場合には1万円程度のお金があれば誰でも簡単に利益を出すことが出来るシステムになっているのです。このシステムの事をレバレッジと言います。

レバレッジというのは、テコの原理に例えられるシステムの事を言います。テコの原理は、重たい物でも小さな道具などを利用すれば力の入れ方によって簡単に重たいものでも動かすことが出来るようになる原理を言いますが、この考え方をそのままFXの世界に導入したのがレバレッジなのです。

huu9FX業者には大事な資産を証拠金として預けることになるわけですから、やはり信頼性は十分に吟味したいものです。XMはCySECの認可を受けており、その他イギリス、ドイツ、スペイン多くの国で登録済みの業者です。ムーディーズ等の格付け機関からも高評価を得ており、投資に適格とされているイギリスのバークレー銀行が取引銀行です。

さらにXMならどの口座でも使えるという利便性を備え、1つの口座でダウンロード型、ブラウザ型、モバイルの全ての取引が可能です。口座タイプは取引の経験量や金額の大きさによって3タイプをチョイスすることができ、マイクロとスタンダードにおいては初回の最低預託金が必要ないというアドバンテージを備えています。

口座タイプに関わらず30%の入金ボーナスが5ドルからつき、仮想マネーで取引の練習ができるデモ口座も完備。まずはデモ口座で取引の感触を掴みましょう。
hurueプロトレーダーからも一目置かれているThinkForex(シンクフォレックス)は、NDDの先駆けといえるブレーカーです。取引においてのスペックは非常に高く、安定したインフラシステムによって個人客のみならず、法人での利用者も多く抱えています。とのトレード内容はとても快適で、チャートの不具合や約定拒否のようなストレスのないトレードを実現しています。

ThinkForexの最大の特徴と言っていいのがやはりその取引スペックの品質が高いことです、2009年の創業当時から業界の価格形態に屈しないという屈強なポリシーを持って営業を続け、海外トレーダーからも強く支持されました。つい最近(2011年)から日本語のサポートデスクが設立されています。そのため、最近では日本においてもThinkForexの口座を開設する人がとても増えています。
nnuj60セカンドをいち早くスタートさせたTradeRush(トレードラッシュ)のバイナリーオプションとは一体どのような特徴をもっているのでしょう。バイナリーオプションの業界に革新的な変化をもたらしたと言っても過言ではない海外ブローカーです。60セカンド=たったの1分という短い時間で取引ができる商品の名称も、最近では60秒オプションと新たに改称されましたが、操作性のシンプルさ使い勝手の良さに関しては変わることなく、バイナリーオプションが初めての方でも簡単に使えるプラットフォームを用意しています。

初心者の方だけでなく、戦略を練った取引を好む上級者の方向けの取引も豊富です。60秒オプションでは最大5万円までが投資可能、17通貨ペア、120種類以上の銘柄を選択できる幅広さも利用者の満足度が高い理由です。口座開設時の入金額は16000円から、取引は500円からできますので手軽にトレードを楽しむことができます。IPhone専用アプリも開発され、ハイロー取引や60秒オプションもモバイルを使って利用する事ができるようになりました。
hyyy今世界でもっとも使われている取引プラットフォームといえばメタトレーダー4です。iForexではインストール型のメタトレーダー4を基本に、Mac用、モバイル用、インストール不要のWebトレーダーまで、ありとあらゆる環境でメタトレーダー4が使えるシステムになっています。

MT4といえばエキスパートアドバイザーを導入しての自動取引が有名ですが、アナログ注文でもその使い勝手の良さは変わりません。一見難しそうにみえるかもしれませんが、iForexでは詳細なチュートリアルも用意していますので、全くはじめてという方やPCにあまり詳しくないという方でも、抵抗なく慣れることができるはず。スマートフォンやiPadに対応しているのも、副業トレーダーには嬉しいところです。



FXの場合では、証拠金という道具を利用することによってより大きな資金を使うことができるようになります。持っている資金が1万円しかなくても、この1万円にレバレッジを設定すれば10万円、20万円のお金が手元にあるものとして取引が出来るようになるわけです。

FXをする場合には、証拠金という担保をFX業者に預けることになります。担保というのは本来ならば損失が出たときにそこから補填することができるように預けておくものなのですが、FXの場合にはレバレッジを利用するためにこの証拠金を預けることになるのです。

レバレッジの倍率はだいたい2倍から20倍程度の間になっており、この倍率によって資金を増額した場合にはその分の利益がきちんと手元に返ってくることになります。

つまり、10倍のレバレッジを設定すれば従来までの利益の10倍になって返ってきます。さらに魅力的なのが、レバレッジを利用するための証拠金の預け先です。

FX業者に対して預けなくてはいけないのはその通りなのですが、この証拠金は口座の中にさえ入っていれば取引にも利用して良いことになっているのです。10倍のレバレッジのために1万円の証拠金が必要になった場合には、別途業者に対して預けるのではなく口座の中に1万円を入れておくことで、後は好きにレバレッジを利用することができるようになります。

そして、口座の中に入っているこの1万円も1万円を下回らない限り取引で自由に使っても良いことになっているわけです。こうした資産運用をする者に対する優しいシステムによって、FXは大変人気を集めているのです。

初心者と投資

私自身、投資という言葉にはもともと遠い存在でした。就職してからも自社株を人事に購入しておきなさいという何となくの指示の元、購入していましたが、それ以外一切投資には興味もなければ、余剰資金もありませんでした。

それが、転勤前提で購入していたマンションが思いのほか、早い段階で転勤になり、売却することで得られた1000万円の利幅が出て、投資を試みようとしうことになったのです。まさしく、投資初心者です。このころの経験、そしてそのときこうすればよかった、こうして正解だったという経験を踏まえて初心者の投資について触れたいと思います。

まず、投資を行うに当たっての資金の準備です。もちろん、今は貯蓄から投資に向かい時代であり、金利も安い環境下にあっては投資に向かいがちになる気持ちが大きくなることもわかります。わたしもまずはそこからスタートでしたから。

しかし、ここで注意すべきはどこまで投資するかです。実際に余剰資金が会ったとしても、中期長期でライフスタイルを想定したときに保険や教育資金、不測の事態に備えての手元資金をしっかり計算した上でも投資して問題ないかどうか、この判断からスタートです。投資はリスクが0ではないのです。ここを想定して投資金額を決定しましょう。

次に投資のスタイルを決定することです。我が家の場合は、短期的な売りぬけなどを一切考えていませんでした。中期長期での保有を大前提にしたのです。さらには短期的な銘柄の上がり下がりだけではなく、株主優待券などでメリットを得ようというコトにしました。たとえば、自分が一番利用の多い流通銘柄を購入して、利用金額に応じたキックバックをもらったり、利用の多い外食産業の銘柄を購入して食事券をキックバックしてもらう、さらには趣味のゴルフに関しては運営会社の株式を購入してプレイ券をしっかり入手するというところを目指したわけです。

とにかく、毎日ちょっとした持ち株の上がり下がりに一喜一憂したくないというのが大前提にしたのです。これは今のところ、精神的にもせわしくなく、考え方として我が家は大成功だったと思います。きっと、このあたりはいろいろな考え方がありますが、基本的に自身の投資に関するプランをしっかり固めるところが一番のポイントです。しっかり、これを定めておけばきっと、大きな失敗をしないのではないでしょうか。

初心者の投資にはこうした心構えが必要だと考えています。