スプレッドの最狭幅

hhureXEマーケット(XM.com)にも、スプレッドが設定されていますが、この幅の狭さが狭いほどFX取引において獲得できる利益も変わってくると思ってもよいでしょう。

FX取引や海外バイナリーオプション取引では、スプレッドがいわばFX業者の手数料となります。このスプレッドにかかる金額が少ないほど、手数料を安く抑えることができるのですから、結果的に手数料をコストダウンし利益獲得分を増やすことに繋がります。

ではXEマーケットのスプレッドはどのくらいなのでしょうか。米ドル/日本円の通貨ペアを例するとしたら、1000ドル=1円となります。

値で言うとスプレッド幅は1000分の1=0.001pipsほどですから、かなり狭いスプレッド幅=安いと言えますね。これが、香港ドルだった場合そのスプレッド幅はなんと0.00001pips。

スプレッドの狭さは最狭と言ってもよいでしょう。このような幅の狭いスプレッドは、短時間で何度もトレードするタイプの取引には格好の好条件です。

XEマーケットが取り扱う通貨ペアはなんと53種類もあり、更にどの通貨ペアでもスプレッド幅の狭さは最狭、ですから手数料が格段に安いということになります。

大手銘柄を好まず、上級者のトレーダーでも安心して取引できる環境を提供していると言えます。スプレッド幅の狭さは、開設した口座によっても変わるので確認を怠らずに注意しておきましょう。

 スプレッド幅、小数点以下5桁がポイントになる理由とは

米ドル/円の通貨ペアでは1000ドル=1円、1000分の1のスプレッド幅を提供しているXEマーケット。このスプレッド値は0.001pipsで、これでも十分に狭いスプレッド幅ですが、香港ドルの通貨ではなんと0.00001pipsになります。

小数点5桁というスプレッド幅、ここが大きなポイントでもあります。では小数点4桁と、5桁にはどのような違いがあるのでしょうか。

まず価格変動が起きた場合に、スプレッド幅が狭いと利益を上げることができます。ここで覚えておきたいのが、取引上「表示価格が小さいほど取引チャンスが大きい」という点です。

例えば、小数点4桁の場合、0.0001から小数点3桁の0.0010まで間は10ポイントあります。ここには10ポイント分の取引チャンスがあるといえます。

しかし、小数点5桁の場合、0.00001から小数点3桁の0.00100までの間は100ポイントありますね。この違いが取引のチャンスにつながってくるわけです。

トレーダーにとって、この幅が広い分、獲得できる利益の大きさやチャンスが増えることになりますから、小数点5桁には大きな意味があるのです。スプレッド幅が狭い=手数料が安いだけではなく、このようなチャンスも広がっているということを留意し、賢い取引を行いましょう。 手数料が低い業者として有名なのがBinary88だと思います。バイナリーオプションを提供している業者ですが、取引種類も豊富で見易い画面と常に新しい情報を発信してくれるサポートが人気を呼んでいます。